覚え書きブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity覚え書き(Githubでのバージョン管理)

UnityのプロジェクトをそのままGithubで管理するとファイル数が多くて大変なことになる。
そこで、バージョン管理する必要のないファイルを無視するために、.gitignoreというファイルを使う。
.gitignoreの例は、下記のサイトが参考になる。
http://qiita.com/nariya/items/97afba6b7b448920cdf0

個人的には、Unityで出力した画像(拡張子が.png)も無視したいので、次のように.gitignoreを設定している。

# =============== #
# Unity generated #
# =============== #
Temp/
Obj/
UnityGenerated/
Library/

# ===================================== #
# Visual Studio / MonoDevelop generated #
# ===================================== #
ExportedObj/
*.svd
*.userprefs
*.csproj
*.pidb
*.suo
*.sln
*.user
*.unityproj
*.booproj

# ============ #
# OS generated #
# ============ #
.DS_Store
.DS_Store?
._*
.Spotlight-V100
.Trashes
Icon?
ehthumbs.db
Thumbs.db

# ============ #
# for others   #
# ============ #

*.log #log files, for some plugins
*.pyc #python bytecode cache, for some plugins.
sysinfo.txt #Unity3D Generated File On Crash Reports
*.png

これで、全てのファイルをcommitおよびpushすれば、容量的にはそれほど多くなく、プロジェクトを共有できるので、とても便利。