覚え書きブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Piの覚え書き(アクセスポイント編)

屋外などアクセスポイントが無い場所でも、PCやスマホをRasPiに無線LANで接続できるようにするために、RasPiをアクセスポイント化してみた。

1)hostapdというパッケージをインストール

> sudo apt-get install hostapd

2)サンプルの設定ファイルをコピー

> cd /etc/hostapd/
> sudo cp /usr/share/doc/hostapd/examples/hostapd.conf.gz ./
> sudo gunzip hostapd.conf.gz
> ls
hostapd.conf  ifupdown.sh

3)設定ファイルを変更
hostapd.confの内容を見ると色々と設定項目があるが、取り急ぎ変更する必要がありそうな「ssid」と「wpa_passphrase」を以下のように変更。

> sudo vi hostapd.conf
ssid=hachiya-raspi
wpa_password=secret passphrase
<||

4)設定ファイル名を起動ファイルにて指定
/etc/default/hostapdを、以下のように変更する。
>|sh|
> sudo vi /etc/default/hostapd
DAEMON_CONF="/etc/hostapd/hostapd.conf"

5)固定IPアドレスの設定
/etc/network/interfacesを以下のように編集して、IPアドレスを固定にする。

> sudo vi /etc/network/interfaces 
auto lo
iface lo inet loopback

auto wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.0.1
netmask 255.255.255.0

6)network-manegerの停止および再起動
Ubuntuでは、デフォルトではnetwork-mangerによってネットワークの設定の管理が行われているため、上記の/etc/network/interfacesの設定は反映されない。そこで、network-managerを停止してから、再起動する。

> sudo service network-manager stop
> sudo reboot

7)PCから接続
raspiを再起動すると、以下のようにPCの無線LANアクセスポイントのリストに表示されるので、接続する。
f:id:hirotaka_hachiya:20160725223002p:plain

ただし、今回はraspiにDHCPサーバをインストールしていないので、PC側でもraspiと同じサブネットマスク内のIPアドレスを設定する必要がある。
f:id:hirotaka_hachiya:20160725223028p:plain