覚え書きブログ

リモートからteamviewerを起動する

sshでリモートでログインし、teamviewerを起動してみた。

1) ssh server.xxx.yyy

2) screen

3) teamviewerのデーモンを起動する

> teamviewer --deamon start

4) teamviewerのIDを確認する

> teamviewer --info
TeamViewer                           13.0.6634  (DEB)
TeamViewer ID:                        xxxxx

IDは「xxxxx」の場所に記載

5) teamviewerのパスワードを設定する

> sudo teamviewer passwd yyyyy

パスワードを「yyyyy」に設定

6) DISPLAYの設定

> export DISPLAY=":0.0"

7) teamviewerの起動

> teamviewer

Init...
CheckCPU: SSE2 support: yes
Checking setup...
Launching TeamViewer ...
Launching TeamViewer GUI ...

8) 遠隔から、ID: xxxxx, PW: yyyyyを設定してteamviewerでログイン

zozoスーツ

5月に注文していたzozoスーツがやっと届いた。注文が殺到していたようで、本当は6月に届くはずが延期になっていた。
f:id:hirotaka_hachiya:20180730171158p:plain

早速計測してみたが、照明、背景、被写体の姿勢などの条件がある程度満たされないと、計測は出来ても最終的にデータの統合時に失敗することがわかった。
特に背景が雑多なのところでは何度も計測してみたが失敗したので、最終的には以下のように白い壁の前で計測した。

計測した結果は以下のようになる。
自分のウェストや胸囲などは、正直普段関心を持つことは無かったが、このように数値化されたデータとなると興味を持つようになる。不思議だ。
定期的に測り体型の管理するのにも良いかもしれない。

あとは、時計回りに回転し各時刻の角度で1回ずつ、計12回測定をするのだが、回転の中心は人間なのでは結構ずれているはず。
ずれた場合に、どのように補正して、ウェストや胸囲などを測っているのか技術的にどうなっているのか知りたいところだ。