覚え書きブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blenderの覚え書き(texture編)

片野康生氏に、つくばチャレンジの看板モデルの相談をしたところ、早速作って頂きました。ありがとうございます。
片野氏に作成し頂いたものを、自分で後で改良できるように看板のtextureを張りなおしてみたので、メモっておく。

片野氏作のBlenderの看板モデルは、以下のようになっている。
f:id:hirotaka_hachiya:20170425092837p:plain

1)看板のポスターを貼り付ける部分のオブジェクト「decal」を右側のシーンツリーから選択し、ビューを「UV Editing」に変更する。
f:id:hirotaka_hachiya:20170425093120p:plain

2)オブジェクトビューにて、aキーを押し、全部選択し、UV MappingのUnwrapからUnwrapを選択する。
以下のように、左側のUVビューに展開図(といっても、今回は一面のみ)が表示される。
f:id:hirotaka_hachiya:20170425093506p:plain

3)左下のimageを選択し、画像を読み込む
※ここで重要なのが後々Unityで使うために、画像ファイルを、blendファイルと同じフォルダ置いておく。
f:id:hirotaka_hachiya:20170425093917p:plain

4)UVビューにて、各面(UV座標)を、移動(gキー)やスケール変更(sキー)をして画像に合わせる
なお、オブジェクトビューでは、textureビューモードにするとわかりやすい
また、gやsキーを押した後、x,y,zを押すと、その軸方向のみ移動、スケール変更ができる。
f:id:hirotaka_hachiya:20170425094353p:plain
なぜか、ポスターが逆さまになってしまった。。。

5)UVビューにて回転(rキー)で各面(UV座標)を画像に合わせる

6)Defaultビューに戻る
f:id:hirotaka_hachiya:20170425095548p:plain

7)decalオブジェクトを選択し、textureモードにし、先ほどUV座標の設定と同じ画像を読み込む
f:id:hirotaka_hachiya:20170425095655p:plain

8)マッピング方法を、UVに設定する
f:id:hirotaka_hachiya:20170425100001p:plain

9)Renderedモードで表示して、テクスチャの表示を確認する
f:id:hirotaka_hachiya:20170425100359p:plain

10)blendファイルを保存するとともに、fbxファイルをエクスポートする

UVマッピングに関しては、以下の動画が非常に参考になる。
www.youtube.com

さて、ここから、blendで作ったテクスチャ付きのモデルを、unityに持っていくわけだが、
blendファイルと、画像ファイルを、unityのassetsフォルダに置くだけでも出来るが、今回は
下記で紹介されているAutodeskのFBX Converterを使ってfbxに画像をembedしてみる。
http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2016/06/29/220310

usa.autodesk.com

1)FBX Converterの左側に、Blenderで出力したFBXファイルを読み込む

2)Embed mediaをチェックし、Convertをクリックする
すると、FBX2013というフォルダが出来て、そこに同じファイル名のFBXが出来ている。
f:id:hirotaka_hachiya:20170425104725p:plain

3)このFBXファイルを、Unityのassetsツリーにドラッグアンドドロップすると、テクスチャ付きで読み込める
f:id:hirotaka_hachiya:20170425105540p:plain