覚え書きブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

viエディターの覚え書き(改行コードの置換)

Windowsの改行コードがCR+LFなのに対し、Linuxの改行コードはLFだけとなので、Windowsで編集していたテキストファイルをLinuxで開いた時、下記のように行末に「^M」が表示されることがある。ここで、CRはキャリッジリターン、LFはラインフィールドのことである。

この「^M」をviエディタで取り除くためには、以下の一括置換のコマンドを用いる。

%s/検索文字列/置換文字列/g

つまり、viエディタの画面にて、「:」を入力してコマンドモードに入り、以下のコマンドを入力してEnterを打つ。

%s/^M//g

ここで、「^M」は、「Ctrl+v+m」により入力することができる。
f:id:hirotaka_hachiya:20160514212316p:plain

下図のように、「^M」が取り除くことができている。
f:id:hirotaka_hachiya:20160514210924p:plain