覚え書きブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプ場覚え書き(洪庵キャンプ場@本栖湖)

アウトドア

シルバーウィーク(2015年9月)に本栖湖でキャンプをした。本栖湖は、山梨県の富士五湖の一つで、富士五湖のなかで3番目に面積が広く、1番水深がある(121.6m)。本栖湖周辺には、本栖湖キャンプ場本栖湖レークサイドキャンプ場本栖湖いこいの森キャンプ場洪庵キャンプ場の4つのキャンプ場がある。

今回は、洪庵キャンプ場を利用した。洪庵キャンプ場は、本栖湖周辺のキャンプ場の中で富士山の眺めが最も良く(ちょうど本栖湖の真上に富士山が見える)、さらに、湖畔にテントが張れる人気のキャンプ場である。予約なしのフリーサイトを採用しており、朝8時(今回のシルバーウィークでは混雑のため朝7時)の受付開始から早い者順で好きな場所をとることができる。そのため、連休は早朝から場所取りの長い渋滞ができる。キャンプサイトは、湖畔と林間の2ヶ所ある。湖畔は眺めが最高だが、傾斜があり、風が強い。一方、林間は平らで木に囲まれているので涼しいが、混雑時には車の乗り入れが出来ない。それぞれ一長一短があるが、今回私はスタッフに進めてもらった、湖畔と林間の間にあり、湖に近く、平らで、車の乗り入れができ、木に囲まれた場所にテントを張った。
f:id:hirotaka_hachiya:20150922102741p:plain

富士山と本栖湖の眺めはこんな感じ(1000円札の富士山)。
f:id:hirotaka_hachiya:20150922092216j:plain

今回、本栖湖の洪庵キャンプ場を選択した理由は、なんと言ってもカヤックを乗るのに適しているからである。
先日購入したカヤックハドソン)を、キャンプサイトで30分くらいかけて膨らまし、湖まで運んだ。
f:id:hirotaka_hachiya:20150922103635j:plain
f:id:hirotaka_hachiya:20150922103640j:plain

本栖湖の水は非常に透明度が高く、光が当たるとエメラルドグリーン色に見え、とても綺麗だった。
ハドソンは、家族4人(大人2人、子供2人)でも、1人でも快適に乗れた。

f:id:hirotaka_hachiya:20150922103645j:plain
f:id:hirotaka_hachiya:20150922110011j:plain
f:id:hirotaka_hachiya:20150922110031j:plain

2泊3日のキャンプを終えて、富士宮焼きそばで有名な「お好み食堂 伊東」と沼津漁港に寄って帰ってきた。
tabelog.com

f:id:hirotaka_hachiya:20150922103650j:plain